クラビットにはジェネリックも!クラミジアをお得にやっつけよう

2019年11月22日
悩んでいる男性

クラミジアを治療する時に使われる治療薬は、ジスロマックが第1処方薬になります。
ジスロマックの主成分はアジスロマイシンで、マクロライド系の成分なので副作用が生じにくい治療薬になります。
ジスロマックの嬉しいポイントは、1回服用するだけで効果が得られることです。
用法も簡単で、1回服用しただけで10日間も効果が持続するので、飲み忘れによって治療が失敗するということもなく済みます。

しかし、中にはジスロマックに耐性がついている耐性菌があります。
もしもそういった場合には、すぐに病院に行って相談するようにしましょう。
ジスロマックで効果がない場合には、ニューキノロン系のクラビットが処方されます。

クラビットはかつてクラミジアを治療する時の主流でした。
クラビットはジスロマックに比べて効果が弱いのですが、抗菌範囲が広いため多くの病気で使われているのです。
クラビットの容量は500mgで、容量自体はそこまで多くはありません。
用法は1日1回の服用を7日間継続するだけですが、飲み忘れてしまうと治療が失敗してしまって、やり直しということになることもあります。
そのためには、1日1回、同じ時間に服用するのを忘れないようにしましょう。

抗生物質なので、腸内の細菌も殺菌してしまうために、下痢や便秘、腹痛を引き起こすことが多いです。
しかし副作用がおきる人はあまりいませんが、中には重症化してしまう人がいます。
もしも副作用の症状がひどい場合には早めに医師に相談するようにしましょう。

治療費を安くあげるために活用したいのがジェネリック医薬品になります。
特許権が切れた薬と同じ有効成分で作っているので、元の治療薬と同じ効果があるのに価格が安く済むのです。
クラビットのジェネリック医薬品は、同じニューキノロン系のレボフロキサシンになります。
レボフロキサシンはクラビットと同じ効果と副作用になるのに、クラビットよりも価格が安いのです。

病院でレボフロキサシンを処方して貰うには、医師に相談しなければいけません。
黙っていてもジェネリック医薬品が処方されることはないので注意しましょう。

ジスロマックは個人輸入で通販するという方法があります。
個人輸入の通販で購入すると、病院に行くよりも安く購入することができます。
最近では個人輸入の代行業者がいるので、本当に通販感覚で購入することができます。
病院に行くと診察代と投薬代が加算されますが、保険が適用されます。
しかし保険が適用されない個人輸入の場合でも、費用が安く済むということが多いです。